小学校受験の際に気を付けるべき注意点とは

小学校受験は、親子での面接が必須となっています。面接時の服装、どんな事を聞かれるのかという不安も出てきます。憧れの小学校へ子供を入学させてあげられる為にも、親と子が協力して面接の対策をする必要があるのです。小学校受験は親の受験とも言われており、受験の準備期間から試験当日までの親の果たす役割はとても大きい試験で、親の面接で合否を決定していると言った名言をする小学校もあります。また、真面目で教育熱心な親ほど様々な情報を意識しすぎて受験対策でつまずきがちで、特に時間的に余裕がない仕事をされている母親にこのような傾向が多く見られます。大切なのは、入学試験を受けるのも、合格した後に学校生活を送るのも親ではなく子供です。子供の存在を無視した受験生活を送ってはいけません。

小学校受験の為に勉強と向き合っていく為には

小学校受験に限った事ではなく、試験に合格する為にどれだけ勉強すればいいかという目安は受験までの時間と受験生の現在の成績、志望校の難易度によって大きく分かれます。よく合格者の声で「朝4時に起こして毎日これだけやらせていました」というのを聞くと、それくらいやらないとダメなのだと思いこんでしまった事はありませんか?志望校へ合格するのにどのくらい勉強すればいいのか、どんな感じで勉強すればいいのかは子供の成績や志望校、時間によって変わってきます。受験勉強を始める前に、まず客観的に現状の把握をするのが一番初めにやる事です。その上で、時には志望校を変えるという事も大切な事で、「客観性・柔軟性」の2つが受験勉強に取り組むにあたって程よく距離感を築くという心構えとなります。

日常生活の過ごし方と不安への対処方法

受験対策とはただ単に勉強したりするだけが全てではなく、丁寧に毎日の生活を送る事が大切です。例えば、朝起きて元気に挨拶する大切さを教えると、面接時もその実力を発揮できます。着替えの際に脱いだ服を素早く丁寧に畳むのも、行動観察で見られています。小学校受験が親の受験と呼ばれているのは、このようなありふれた日常生活の中でどのくらい子供と向き合いどれだけ丁寧に育てて暮らしているのかという所に目を向けているからなのです。そして試験当日までの間はいろいろな場面で不安を感じる事も出てくると思います。よくあるのが学校説明会の帰り道に他の保護者との会話で不安に感じてしまったという事ですが、鵜呑みにしてはいけません。大切なのは、不安へは待つ姿勢でいる事です。間違えても子供へ不安や苛立ちをぶつけてはいけません。