小学校受験のメリットとデメリットは

小学校受験にはメリットとデメリットがあります。この2つをくらべると、メリットの方が多いのですが、デメリットが全くないわけではありません。メリットはそれ以降の入試を経験しないで済むことや、子供の自信につながること、勉強をする習慣を身に付けられることなどです。デメリットは、失敗した時に心の傷になることや、合格した学校に合わない時に困ることなどがあります。小学校受験は必須のものではありません。親自身がよく考えて、子供の意志をできるだけ尊重してから、受ける必要があります。子供のためを思っていても、子供が嫌だったら、小学校受験は避けた方が良いです。小さな子供でも自分なりの意志を持っています。それを捻じ曲げて受験すると、将来的に子供から恨まれてしまうことがあります。

勉強の習慣が身に付くのは大きなメリット

小学校受験もれっきとした受験です。受験に向けて、コツコツ勉強しないと合格することはできません。小学校受験をする年代の子供たちは、遊びたいという気持ちが強いです。その気持ちは尊重しなければなりませんが、どうせ中学校や高校になったら勉強しなければなりません。勉強の習慣をこの年代で身に付けることができたら、上の学校に行ったときに楽になります。他のメリットとしては、高校入試や大学入試を経験しないで、上級の学校に行けることです。高校入試や大学入試は必要なものですが、単に暗記力を問うだけの問題も多くあります。そのような問題に備えて勉強しても、本人のためにはなりません。そんなことに時間を割くよりは、自分が好きな自分に合ったことを青春時代にした方が、子供の成長にプラスになります。

受験に失敗した時のことも考えよう

小学校受験でも、不合格者は出ます。一生懸命に頑張って勉強しても、受験がうまくいかないことがあるでしょう。例えば、試験の当日に体調が悪かったら、実力を発揮できません。受験に失敗しても仕方がないのですが、子供は大人のように柔軟に考えるのが難しいことがあります。人生経験が不足しているからです。もし受験に失敗したら、大きな心の傷になる恐れがあります。その点をよく考えて、受験を考えましょう。ただし、失敗を恐れていては、人間は生きていけません。それを乗り越える必要があります。受験がうまくいかなかったら、子供を励まして、強く生きていけるようにするのは親の務めです。成功しても、その学校が子供に合わないこともあります。それを防ぐためには、受験を受ける学校を念入りに選ばなければなりません。

発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 詰め込み式では得られない、独自の教育方法で15万人以上の卒業生を送り出してきました。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 学校と家庭の教育方針があっているかが見られる面接では、事前の学校研究が不可欠です。 小学校受験の合格を目指して